ブックタイトル2019年~ 総合カタログ Vol.8

ページ
74/360

このページは 2019年~ 総合カタログ Vol.8 の電子ブックに掲載されている74ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2019年~ 総合カタログ Vol.8

K56測量関連巻尺・コンベックス土木・建築関連山林関連通信機器検査・測定試験機器気象関連安全・防災用品製図用品価格はすべて税抜き表示です。 在 …在庫品 メ …メーカー直送レーザー墨出器レーザーポインター水平器・傾斜計下げ振り勾配計角度計バリケードデジカメ・カメ棒黒板・ホワイトボードスケルボードチョーク・マーカーライン引墨出しスプレー点検ミラー配筋確認棒内視鏡カメラコンプレッサ防災シート・ブルーシートグランドバリアクロス土のう下げ振り・測傾器測傾器:国内販売実績11,000 本突破。家屋調査の必需品!特殊機構で一瞬のうちに測れます。●震災や埋立地陥没などによる家屋の傾き調査などで大活躍!●雇用能力開発機構の「住宅の性能評価」の教材(2002年1月度)に採用されました。●家具の傾き調査・確認の必需品です。32 4073732 4074632 4073532 4074532 4073632 40750?雇用能力開発機構の「住宅の性能評価」より?1. 建物傾斜に関する基礎事項雇用能力開発機構の住宅の性能評価より■測定器の目盛りの読み方例■実用新案登録済ASANO.P.A.T. 第3068279号ASANO.P.A.T. 第3206667号ニューバーチカル測傾器関東測機社コード番号型式/ タイプ(品名) 仕 様本体価格32 40737 バーチカル測傾器V05 0.5m \45,00032 40735 バーチカル測傾器V1 1m \45,00032 40736 バーチカル測傾器V2 1.15m \54,00032 40750 バーチカル測傾器用ケースV05用\11,00032 40745 バーチカル測傾器用ケースV1用\11,00032 40746 バーチカル測傾器用ケースV2 用\12,000(1)建築傾斜と被害(表2-5)建物の傾斜度合いによる被害状況の例段階傾斜限度不同沈下による被害状況初期1/1000 モルタル外壁、コンクリート犬走りに亀裂が発生する。第1期3/1000 束立て床の不陸を生じ、布基礎・土間コンクリートに亀裂が入る。第2期5/1000壁と柱の間に隙間が生じ、壁やタイルに亀裂が入る。窓・額縁や出入口枠の接合部に隙間が生じ、犬走りやブロックなど外部構造に被害が生じる。第3期10/1000 柱が傾き、建具の開閉が不良となる。床が傾斜して支障を生じる。最終15/1000 柱の傾斜が著しく倒壊の危険がある。床の傾斜もひどく、使用困難である。出典:『建築技術』2000/7 別冊「住宅基礎の設計ハンドブック」p.20 表1(一部加工)⑭建築技術(2)「住宅品質確保促進法」における「建物傾斜」の瑕疵基準(表2-7)建傾斜の瑕疵基準(「住宅品質確保促進法」)部位不具合等級内容床(排水等の目的で、傾斜が設けられたものを除く)壁及び柱傾斜(凸凹の少ない仕上げによる床の表面における2 点間を結ぶ直線〈長さ3m 程度の以上のものに限る〉と水平面との間の傾斜)1 3/1000未満の傾斜2 3/1000以上、6/1000未満の傾斜3 6/1000以上の傾斜壁及び柱傾斜(凸凹の少ない仕上げによる壁または柱の表面と鉛直面との交差する線〈長さ2m 程度の以上のものに限る〉と鉛直面との間の傾斜)1 3/1000 未満の傾斜2 3/1000以上、6/1000未満の傾斜3 6/1000以上の傾斜(表2-6)木造住宅の許容沈下量(cm)沈下の種類即時沈下圧密沈下基礎形式布基礎布基礎べた基礎標準値1.5 2.5 2.5?(5.0)最大値2.5 5.0 0?(10.0)※()内は、剛性の高いべた基礎の場合※全体の傾斜は、標準値で1.5/1000、最大3/1000※鉄骨プレハブ住宅もこれにならう出典:『建築技術』2000/7別冊   「住宅基礎の設計ハンドブック」p.20 表2 ⑭建築技術用 途 鉛直測定在壁・柱・敷居(床)測定参考図